MENU

白髪用ヘアマニキュアを使用するメリット&デメリット

白髪用のヘアマニキュアを使用したいと考えている方や、実際に使用しているという方も多くおられると思います。

 

ヘアカラーではなく、ヘアマニキュアを使用するとなると、そのメリットやデメリットが気になるところです。

 

ここでは、白髪用ヘアマニキュアを使用するメリットやデメリットについて、ご説明していきます。

 

白髪用ヘアマニキュアを使用するメリットは?

白髪用ヘアマニキュアを使用するメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

 

・頭皮や髪へのダメージが少なく、優しい
・ナチュラルな色から奇抜な色まで様々な色がある
・トリートメント成分が入っている
・気軽に使用できる

 

など、ヘアマニキュアにはこのようなメリットがあります。

 

まず、髪の内部に色を浸透させていくヘアカラーとは異なり、ヘアマニキュアは髪の表面に色をつけてコーティングしていくものです。

 

そのため、髪や頭皮へのダメージが少なく、髪に優しいものとなっています。

 

そして、白髪用ヘアマニキュアは、カラーバリエーションがとても豊富です。

 

ダークな黒色から個性的なブルーなども、商品によっては存在しています。

 

人によっては部分染めなどが楽しめるという点も、ヘアマニキュアのメリットと言えるのではないでしょうか。

 

また、ヘアマニキュアにはトリートメントの成分が配合されているものが多く、髪に潤いを与える事が出来ます。

 

ヘアカラーの場合、仕上がりはパサパサとしてしまうことが多いのですが、ヘアマニキュアであればそうはならないことが多くあります。

 

費用もあまり高くなく、気軽に使用できます。

 

白髪用ヘアマニキュアを使用するデメリットは?

では、ヘアマニキュアのデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

 

・一回の使用で白髪が完全に染まるわけではない
・色落ちが早い
・髪色を明るくする事は難しい

 

など、このようなデメリットがあります。

 

ヘアカラーは一回の使用で色が入るのですが、ヘアマニキュアはそうではありません。

 

1週間に1回など、こまめに使用することで色が入っていきます。

 

また、色落ちが早いというのもデメリットの一つです。

 

髪の表面に色をつけてコーティングしているため、シャンプーをするごとに少しずつ色が落ちていきます。

 

ですが、こまめに使用しますので、あまり気にならないかと思います。

 

また、ヘアカラーは脱色してから色を内部に入れていくのに対し、ヘアマニキュアは脱色を行いません。

 

そのため、極端に明るい色などは出しづらくなっています。