MENU

白髪染めとアレルギーの関係

白髪染めをしたら、頭皮がとても痒くなったという方や、痛くなったという方がおられると思います。

 

これらはアレルギー反応なのですが、どうして白髪染めでアレルギー反応が起きるのでしょうか。

 

ここでは、白髪染めとアレルギーの関係について見ていきたいと思います。

 

白髪染めのアレルギー反応ってどんなものがあるの?

白髪染めを行うと、アレルギー反応が出てしまったという方も多くおられます。

 

そのアレルギー反応というのは、以下のようなものを指します。

 

・湿疹が出た
・頭皮が痒くなった
・頭皮が痛くなった
・赤くなった
・ヒリヒリと刺激がある
・呼吸困難になった(ひどい場合)
・顔がはれてしまった

 

など、このようなアレルギー反応があります。

 

ひどい場合には呼吸困難になってしまうこともあり、白髪染めに限らずアレルギーには注意しなくてはなりません。

 

白髪染めというのは、歳を重ねると特に必要とする方が多いものです。

 

そのため、このようなアレルギーが出てしまう原因というのは、しっかり理解しておく必要があります。

 

白髪染めでアレルギー反応が出るのはなぜ?

では、上記のようなアレルギー反応が出てしまうのはなぜなのでしょうか。

 

それは、白髪染めに含まれている成分の中の、ジアミンというものが原因となってることが多いとされています。

 

ジアミンは、髪をしっかりと染めるために配合されているもので、とてもメジャーです。

 

多くの白髪染めに使用されているため、アレルギー反応が出る方は、十分に注意しなくてはなりません。

 

使用するたびにアレルギー反応が出てしまう事になりますので、事前にしっかりパッチテストを行うようにしてください。

 

そして、もしアレルギー反応が出てしまったら、二度と使用しないようにすることが大切です。

 

白髪染めの中には、天然成分のみで作られているものもありますので、そちらを使用するようにしていただくといいと思います。

 

もちろんその際にも、念のためにパッチテストを行うようにしてください。