MENU

正しいシャンプー選びのポイント

正しいシャンプーの選び方、ご存知ですか?

 

香りがいいから、安いから、皆が使っているから・・・というような理由で、シャンプーを選んでいませんか?

 

髪のお手入れを意識するのであれば、シャンプーも正しく選ばなくてはなりません。

 

今回は、正しいシャンプー選びのポイントについて、ご紹介していきます。

 

正しいシャンプーの選び方のポイントって何?

正しいシャンプーの選び方のポイントには、以下のようなものがあります。

 

・自分の頭皮の状態に合わせて選ぶこと
・費用に捉われず、成分を確認すること

 

この2点が挙げられます。

 

まず、頭皮の状態というのは人それぞれ異なるものです。

 

例えば、シャンプーをしてもすぐに油っぽくなってしまうという頭皮の方や、すぐに乾燥してパサつくという方など、様々です。

 

このそれぞれの頭皮の状態にあったものを選ぶ必要があります。

 

乾燥ぎみの方

洗浄力の強いものは避けて、植物性のシャンプーを選ぶようにすると、刺激が少なくなりますのでおすすめです。

 

ダメージヘア用というものを使用すると、頭皮などに潤いを与える事ができます。

 

脂っぽい方

頭皮がいつも脂っぽいという方には、石鹸シャンプーなどがおすすめです。

 

洗浄力に優れており、毛穴の汚れや詰まりをしっかりと取り除いてくれます。

 

敏感肌の方

敏感肌の方の中にも、乾燥ぎみの方と脂っぽい方がおられます。

 

地肌が荒れてしまうことを避けるためには、刺激が少ないものを選ばなくてはなりません。

 

植物性のシャンプーであれば、刺激が少なくなっています。

 

そして、費用に捉われずに、成分を確認することはとても大切です。

 

安いものがダメで高いものが良いというわけではありませんし、その逆も然りです。

 

注意すべき成分は、界面活性剤です。

 

この成分はとても多くのシャンプーに含まれて居ますので、入っていないものを探すのは難しいとも言えます。

 

ですが、「ラウリル」「硫酸」などの名前がつく成分は、避けていくべきです。

 

また、「スルホン酸」とついている成分にも注意してください。洗浄力があるものの、皮脂を取りすぎてしまうという事があります。

 

自分に合ったシャンプーを選び、正しく髪のお手入れを行えるようにしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

【当ページについて】

ここでは「正しいシャンプー選びのポイント」について簡単に説明していきたいと思います。よく指通りや洗いあがりでシャンプーを選ぶ方がいますが、これは大きな誤解です。よくCMで耳にする「ダメージ修復」「ツヤ・ハリアップ」「しっとり」「サラサラ」といった言葉はいずれも耳障りが良いですが、シャンプー本来の目的は「頭皮の汚れを取り除くこと」です。シャンプーのみで「与えるケア」まで望むことは、本来の目的から外れています。これは肌ケアでも同様のことが言えます。例えば洗顔やクレンジング。これも汚れを落とすためのものであり、ぜいたくな美容成分を与えるのは美容液や乳液の役目であるということを忘れてはいけません。「汚れを落とすケア」と「与えるケア」は違うのです。濡れているときのほうが髪が傷みやすいのは確かですし、髪がギシギシしたり、指がひっかるほどにテクスチャーが悪いのは問題ですが、充分な洗浄成分と、髪をしっとり潤す成分を一つの商品に配合するのは至難の業だと言えるでしょう。基本はシャンプーで汚れをしっかりと落とし、トリートメントで保湿をするというのがベストな方法なのです。白髪でお悩みの方は現在、白髪用ヘアマニキュアの中にも、たっぷりの保湿成分を含んだトリートメントタイプの商品が発売されているので、上手に活用すると良いでしょう。ノンシリコンシャンプーのほうがいいですか?最近よくノンシリコンシャンプーという言葉を耳にしますが、果たしてシリコンは髪に悪いものなのでしょうか。シリコン自体が一概に髪に悪いものだとは言えません。美容分野の中でシリコンは、髪の表面を整えてくれたり手触りをなめらかにすることを低コストで実現できる優秀な存在だと言えるでしょう。メイクアップ商品の中でも、肌触りを良くするためにシリコンを配合しているものはたくさん発売されています。ですからヘアケア製品に、髪の表面を整えて綺麗に見せるためのシリコンが含まれていること自体は、決して問題ではないのです。しかしシリコンはあくまで「与えるケア」になります。「汚れを落とすため」「頭皮を清潔に保つ」ことが目的であるシャンプーに、必ずしもシリコンは必要な成分であるとは言えません。自分自身のテクスチャーの好みと照らし合わせながら、頭皮ケアの必要性を基準に置いて選んでみると良いでしょう。シャンプーと泡立ちの良さの関係。シャンプーで、「泡立ちの良さ」は洗浄力の目安となります。髪や頭皮の乾燥が気になる方は、あまり泡立たないシャンプーを選ぶことをおすすめします。強すぎる洗浄剤は、シリコン以上に頭皮と髪を傷めますから洗いすぎによる乾燥にも注意しましょう。また泡立ちが良すぎるシャンプーを使用していると、すすぎ残しが発生しやすいというデメリットがあります。これはシャンプーだけでなく石鹸や白髪染めに関しても共通して言えることですが、すすぎ残しによって髪や肌に残してしまうとトラブルの原因になってしまうのです。顔以上に、頭皮は髪の毛がある分すすぎ残しが発生しやすい部分になりますから、必要以上に泡立ちが良いものを選ぶ必要はないと言えるでしょう。