MENU

白髪染めを安全に行うためのチェックポイント

”白髪染めを安全に行う”という意識をしたことがありますか?

 

ただ、「白髪が綺麗に染まってくれれば良い」「希望の髪の色にしたい」という事だけで使用される方が多いのではないでしょうか。

 

アレルギー反応などに注意しておかなくては、後でひどい目に遭うことになります。

 

ここでは、白髪染めを安全に行うためのチェックポイントについて見ていきたいと思います。

 

白髪染めを安全に行うためのチェックポイント

白髪染めを安全に行うためには、以下のようなポイントがあります。

 

・パッチテストを行う
・白髪染めの成分を気にする

 

この2点が、安全に白髪染めを行うためのチェックポイントとなります。

 

まず、パッチテストを行うというのは、基本中の基本となります。

 

パッチテストは自分にアレルギー反応が出ないかどうかという事を調べるとても重要なものです。

 

これは、48時間前から行う必要があるために、とても面倒に感じるかもしれませんが、パッチテストを怠ると、あとでひどい目に遭うかもしれません。

 

パッチテストを行わずにアレルギー反応が出てしまうと、以下のような症状が現れます。

 

・頭皮が痒くなる
・頭皮が痛くなる
・頭皮が赤くはれる
・湿疹ができる
・呼吸困難になる(重篤な場合)

 

など、このような症状が現れることになってしまいます。

 

白髪染めをして綺麗になりたいと考えていても、顔がかぶれてしまっては何の意味もありません。

 

パッチテストはしっかりと行うようにしてください。

 

そして、白髪染めの成分を確認しておくことも大切になります。

 

白髪染めには、髪を染めやすくするために、ジアミンという成分が使用されている場合が多くなっています。

 

このジアミン、アレルギー反応を起こしている張本人だとされています。

 

ジアミンを含んでいない天然成分などの白髪染めを選ぶようにすると、危険はある程度回避することが出来ます。

 

安全に白髪染めを行うために、このような点はしっかり把握しておきたいところです。