MENU

白髪とストレスに関係はある?

白髪とストレスの関係については、よく耳にされる話なのではないでしょうか。

 

特に、働いている方の職場でのストレスなどは、白髪を促進させるというような事も耳にします。

 

この白髪とストレスには、どのような関係があるのか、見ていきたいと思います。

 

白髪とストレスの関係とは

早速、白髪とストレスの関係とはどのようなものなのか、ご説明していきます。

 

メラノサイトとストレス

髪を黒くしてくれているのは、メラノサイトという色素細胞です。

 

この細胞が創り出しているのが、メラニン色素なのですが、このメラニン色素の量が足りなくなると、髪を黒くする事が出来なくなります。

 

では、このメラノサイトとストレスには、何の関係があるのでしょうか。

 

実は、メラノサイトという色素細胞は、神経細胞と同じような性質を持っているとされています。

 

つまり、ストレスなどにめっぽう弱い細胞なのです。

 

このメラノサイトがストレスにさらされると、メラニン色素を正常に作り出すことが出来ず、髪が白くなってしまうのです。

 

血行不良とストレス

ストレスが溜まるということは、自律神経などのバランスが崩れてしまうという事です。

 

この自律神経が乱れることになると、血行もどんどん悪くなってしまい、髪に栄養が行き渡らなくなってしまいます。

 

いくつもある栄養の中でも、先ほどご説明しましたメラノサイトが必要としているのが、ミネラルです。

 

このミネラルがしっかり髪に運ばれなくなってしまうと、メラノサイトはメラニン色素を作り出すことが難しくなります。

 

ストレスによって血行不良となることも、白髪と関係しているのです。

 

生活習慣を見直してみましょう!

上記のように、白髪とストレスにはとても深い関わりがあることが分かりました。

 

そんなストレスを出来るだけ無くしていくために、生活習慣を見直すということが大切になります。

 

ストレスが白髪に繋がっているんだ!と、必要以上に気にかけてしまうこともまた、ストレスとなってしまいます。

 

まずは、自分が好きな事を見つけ、ストレスを感じたらそれに没頭してみるという方法で、ストレスを解消していくと良いと思います。

 

また、欲しいものを我慢したり、食べたいものを我慢したりすることも、ストレスへと繋がります。

 

我慢しすぎず、たまには自分にご褒美をあげるということも忘れないようにしてくださいね。