MENU

白髪を綺麗に染めるテクニック

白髪を綺麗に染めるテクニックについて知りたいという方もおられるのではないでしょうか。

 

「よく染まるよ!」と言われて白髪染めを買ったのに、全然染まらなかったという経験のある方もおられると思います。

 

そこで、白髪を綺麗に染めるためのテクニックについてご紹介していきます。

 

白髪を綺麗に染めるためには?

白髪を綺麗に染めるためには、どうすればいいのでしょうか。

 

ブラッシング

まず、白髪染めを行う前には、ブラッシングをしておくことをおすすめします。

 

ブラッシングを行う事によって、髪や頭皮の汚れをある程度取り除く事ができ、綺麗に染めることが出来る様になるためです。

 

シャンプーは皮脂をとりすぎてしまい、白髪染めの際の痒みなどに繋がることがありますので、ブラッシングで十分です。

 

カラー剤を使用する

次に、カラー剤を使用していくわけですが、塗っていく順番にも注意する必要があります。

 

染まりやすい部分はあとにして、先に染まりづらい部分にカラー剤を塗っていきます。

 

染まりづらい部分というのは、耳周りや襟足などが挙げられます。

 

この部分に先にカラー剤を塗っておくと、全体的に綺麗に染めていく事が出来る様になります。

 

また、白髪が目立っている部分には、少し多めに塗るようにしても効果的です。

 

温める

これはキューティクルを開く行為となりますので、髪が傷みやすくなってしまうことがあります。

 

ですが、温めることでカラーが入りやすくなり、綺麗に染めていく事が出来ます。

 

綺麗に染まらないからと言って何度も白髪染めをやり直すほうが、髪や頭皮にダメージを与えてしまいます。

 

ラップなどを頭に巻いて、規定の時間放置してみてください。

 

もしもともと染まりづらいという髪質の方の場合には、規定の時間よりも5分程度多めに放置すると効果的です。

 

あまり放置しすぎると、髪をどんどん傷ませてしまうことになりますし、綺麗に色が入らない可能性もありますので、注意が必要です。