MENU

白髪染め|パッチテストの正しい方法とは?

白髪染めを行った途端、頭皮が痒くなったり、痛くなったりしたという方も多いのではないでしょうか。

 

その白髪染めを使用する前に、正しくパッチテストを行っていないと、アレルギー反応が出てしまう事があります。

 

ここでは、白髪染めのパッチテストについての正しい方法をご紹介します。

 

白髪染めパッチテストの正しい方法とは?

白髪染めパッチテストは、正しい方法で行わなくてはあまり意味がありません。

 

もし適当に行ってアレルギー反応が出なかったとしても、白髪染めを本格的に使用した際にアレルギー反応が出てしまう事があります。

 

パッチテストとは?

そもそもパッチテストとはどのようなものかと言いますと、白髪染めなどを使用する前に、自分にアレルギー反応が出るかどうかを調べるものです。

 

アレルギー反応は、ひどい場合呼吸困難にもなってしまう恐ろしいものですので、しっかりパッチテストを行うようにしましょう。

 

パッチテストは48時間前から行うこと!

パッチテストは、白髪染めの直前に行っても、何の意味もありません。

 

アレルギーは、30分程度で症状が現れるものと、48時間以内に症状が現れるものがあります。

 

一番重いアレルギーの症状は、48時間後にあらわれるとされています。

 

そのため、面倒に感じるかもしれませんが、48時間前からパッチテストを行う必要があるのです。

 

カラー剤を肌に塗る

使用する白髪染めのカラー剤を少量綿棒などにつけます。

 

そして、二の腕の内側に、10円玉程度の大きさになるように塗っておきます。

 

30分程度で乾くと思うのですが、乾かなかった場合にはふき取ってください。

 

入浴は可能なのですが、出来れば濡らさないようにしておくことがベストです。

 

観察をする

そして、30分後と48時間後の二の腕の様子を観察していきます。

 

痒みが出たり、赤くなったり、湿疹が出たという場合、すぐに洗い流し、白髪染めの使用は控えてください。

 

もし何もなかった場合には、使用しても大丈夫です。

 

アレルギー反応は軽く見ていると痛い目にあうものです。

 

たとえ面倒であっても、パッチテストはしっかりと行うようにしてくださいね。