MENU

若白髪の原因とは?

若白髪に悩む方は多いのではないでしょうか。

 

30代後半程度から白髪が目立つと言われていますが、10代や20代の頃から白髪に悩む方もおられます。

 

白髪が増えてしまうと、実年齢よりも老けて見られてしまうことがあり、出来れば改善したいと考えると思います。

 

そんな若白髪の原因となるものは、一体どのようなものなのかについて、ご説明していきます。

 

若白髪の原因って何?

若白髪の原因としては、以下のようなものがあります。

 

・遺伝によるもの
・ストレスによるもの
・栄養不足によるもの
・血液の不足によるもの

 

など、このようなものが若白髪の原因として挙げられるものです。

 

では、詳しく見ていきましょう。

 

遺伝によるもの

白髪は遺伝だという事を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

実は、若白髪の一番の原因が、遺伝だとも言われているのです。

 

両親のどちらかが、若白髪を経験していた場合、遺伝しやすくなるとされています。

 

厳密には、若白髪になるという遺伝子が受け継がれているというわけではなく、白髪が生えやすくなってしまう体質を受け継いでいます。

 

ただ、親が若白髪であった場合、こどもも必ず若白髪になるというわけではありませんので、安心してくださいね。

 

ストレスによるもの

職場などで強いストレスを感じる事があったり、友達との関係で悩んでいるという事がある場合、若白髪の原因となる可能性があります。

 

強いストレスを感じた場合、全身の血流が悪くなります。

 

その事で、頭皮にも血液が十分に行き渡らなくなってしまい、色素細胞が働きづらくなります。

 

黒い色素細胞(メラノサイト)が正常に働かなくなるために、色が付かず白髪になってしまうというわけです。

 

栄養不足によるもの

髪は、栄養を吸収していくことによって、伸びていくものです。

 

成長するための栄養が足りなくなってしまうと、細い髪や白髪が生えてしまいます。

 

特に、髪に黒い色をつけるためのメラノサイトという色素細胞の栄養が不足すると、白髪になるとされています。

 

このメラノサイトは、ミネラルやタンパク質などを栄養としています。

 

血液の不足によるもの

そして最後に、血液の不足というものも原因の一つとなっています。

 

この血液の不足というのは、日頃から貧血気味の方や、出産時などの場合です。

 

髪にとって血液は大切なものです。

 

血液が栄養を髪に届けていますので、この血液が足りない場合には、髪に栄養が行き渡らなくなります。

 

このような事が主な原因となり、若白髪になるとされています。